fbpx

コロナ不況を乗り切るにはどうしたら良いか?BUYMA(バイマ)は大丈夫?

この記事は2020年4月上旬に書いています。

現在、世界的に新型コロナウイルスの影響が拡大を進めています。
既に今後の不景気は避けられない状態。
まさに、世界が変わってしまったのです。

この状況に嘆いたところで状況は変わりません。

僕たちは新しい世界でも生き抜いていかなければならないのですから。

 

僕たちは、今出来ることを考えて行動しなければならない。
これはいつの時代も不変です。

今までにも厳しい局面は幾度となくあったんだし、これからだってやってきます。

 

今回はBUYMAのパーソナルショッパーとしてビジネスをしている僕たちが、
今、何をやるべきか?という事をお話していきます。

 

新型コロナウイルスによるBUYMAへの影響

プラスの影響

2020年4月現在。BUYMA(バイマ)の活動をしている多くのバイヤーはマイナスの影響を受けていません。

3月は過去最高利益を更新した人が多い、というのが現状です。

テレビのニュース番組を見ている人は、新型ウイルスの影響で世界中が大変な状況になっているイメージが先行しがちですが、こんな状況でも影響を受けにくい業界が存在します。

BUYMA全体の売り上げも好調で、今までより稼ぎが増えている人の方が多いという印象です。

考えられる原因

・外出自粛により、お客さんが家にいる時間が長い。
・普段は店舗で買うお客さんがインターネットで買い物をしている。
・多くのサラリーマンは給料が通常通り支払われている。
・外食に行かないため、お金が余っている。

このように、新型コロナウイルスで収入が減っている人はまだ一部の観光・サービス・外食産業の方たちです。
BUYMAのお客さんであるミドル階級のサラリーマンは給料が減ったりしていなく、今までより外での支出が減っている。つまり、娯楽のためのが余っている状態。

そこに自粛のストレスも相まってかBUYMAでの買い物が増えていると思います。
よって、我々パーソナルショッパーの利益もいつも以上に増えているということです。

加えて、多くの仕入先では販売促進のためにセールをやっているので利益が更に上がっています。

もちろん、この不況が長引けば物も売れなくなるでしょうが現時点ではそのような事はありません。

マイナスの影響

実店舗買付

残念ながら、一部のバイヤーには大きなマイナスの影響が出ています。

それは、実店舗買付をしているバイヤーさんたちです。

外出禁止、店舗の閉鎖などにより一切の買付業務が出来ないので活動ストップをしています。

ブランドによっては今まで受け付けていなかった電話対応による注文・配送を始めているところもあるので、実店舗買付をしているがストップしている人は要チェックです。
活動が再開出来る可能性がありますよ。
文章

国際配送

一部の国では日本に向けての発送がストップしています。
海外在住者が仕入れが出来ても日本のお客さんに向けて発送が出来ないケースが出ています。

99%のオンラインショップでは通常通り営業・配送をやっていますので影響が出ているのはごく一部だけです。

 

今、我々バイヤーがすべきこと

さて、このような状況ですが今すべきことは何なのでしょう?

コロナ関連のニュースをずーっと見て、まるで学者かのようにあぁだこうだと話をすることでしょうか。
不浄を嘆き、落ち込んでいる場合でしょうか?

いいえ違います。

目の前の事にいつも以上に集中することが一番大切です。

まだ十分に稼げていないのであれば普段のリサーチをもっと深く考える。
自粛により出来た時間をBUYMAに全てつぎ込んで見る。

いつの時代だって変わらず目の前の事を一生懸命やるしかないんです。

こんな時こそ人のために稼ぐ

「お金を稼ぐ」と言うと日本ではすぐに「悪」と結びつける文化があります。
世界中がこんなに大変なのにお金の事なんて言っている場合か!と罵声をあびるかもしれません。

ですが、僕はこんな時こそいつも以上にお金を稼ぐことに集中しています。

なぜならそれが人のためになると思っているからです。
みんなが落ち込んでいるからビジネスを止めますか?

そんな事をしたところで誰の為にもならないと僕は思います。

家族のため

この状況下で仕事を失い、来月の生活費が心配だとしたらあなたの家族はどう感じるでしょう?
不安以外の何物でもありませんよね。人生路頭に迷うといった思いでしょう。

だからこそ僕はいつも以上に稼ぐため頑張っています。
だって、稼いでさえいればそんな家族の不安を取り除き少しでも安心して生活をさせてあげられるから。

仕入先のため

仕入先のアパレル業界は今回のコロナショックの影響をまともに受けている大変な業界です。
実店舗を構えて営業しているショップは甚大な被害を受けています。

だからこそそのマイナスをオンラインで補おうとセールを行ったりと必死です。

我々バイヤーが1着でも多くオーダーすることによってその人達の為にもなっています。

BUYMAでの受注を増やして仕入れを多くすることだけでも人のためになっていると思えばバイヤー活動にも更にやりがいを感じるのではないでしょうか?

基本に立ち返り本質を考える

ここからは具体的なBUYMAでの活動内容についてです。

マイナスの影響が大きい実店舗買付のバイヤーや、海外在住の買付代行外注さんを抱えているバイヤー、そんな人はどうすれば良いのでしょうか?

Aという方法がダメならBを考えてみて下さい。
海外現地買付が出来ないというだけで、他の方法まで全てがダメということでは有りません。

少しお話したように、店舗に買いに行かなくても電話注文で配送してくれるかもしれません。
それとも、オンラインショップでの仕入れに切り替えるだとかいくらでも方法はあるわけです。

考えて、行動する。
今までと違うやり方にチャレンジしてみる。

状況の変化に対応するには一度基本に立ち返ってどうすればいいのか考える事が必要ですね。

 

まとめ

何を言っても、大変な状況であることに変わりはありません。

被害を受けている大勢の人たちがいる中、悲しい気分になることは僕も同じです。

ですがどんな時代が来ようとも生き抜いていかなければならないのです。

今こそ稼ぐ力を身に付けて、新しい時代を迎えましょう。

また、気になるところがあれば下のコンタクトフォームから気軽にメッセージ下さい^^

必須お名前

必須メールアドレス

必須メッセージ内容