fbpx

BUYMAバイマでリサーチすべきブランドはこれだ!最新情報を公開

どのブランドをリサーチすればいいんですか?
やっぱり人気のハイブランドがいいのかな??

BUYMA(バイマ)のリサーチは初心者にとって
一番難しい部分ですよね。

特に実績のない状態だと、
何を出品して良いのか検討もつかないはず。

そこで今日は、
リサーチに役立つブランド解説をしていきます。

これさえ知っておけば、どのブランドを狙えばいいかわかるようになります。

では早速、リサーチすべきブランドは何なのかを見ていきましょう。

 

ハイブランド

やはり初心者にとって分かりやすいのはハイブランドでしょう。

特に、ヴィトンやグッチ、エルメスといった
超有名ハイブランドは誰でも知っているから
取り掛かりやすいものですね。

 

超有名ハイブランド

リサーチを始めるとき、
まずBUYMAの人気順で商品一覧を見ますね。

高単価商品の方が利益が取りやすいと考え、
5万円以上で絞り込む人も多くいます。

そこに上がってくるのは
CELINE、MONCLER、Louis Vuitton、Burberry
などなど誰もが知っている超有名ハイブランドです。

 

そこそこ有名なハイブランド

ファッションが好きだからBUYMAを始める人もいますが、
僕のようにファッションやアパレルに一切に興味がない人もいます。

そんなあなたは、
LOEWEJil SanderMaison Margielaといったブランドなんて
聞いたこともないのでは?

少なくとも僕はBUYMAを始める前までは知りませんでした。

ヴィトンやエルメスほど有名ではなくても
高級なブランドってたくさんあるんですよ。

もちろんBUYMA内でも人気で、
すっごく売れているブランドはたくさんあります。

超有名ブランドしか目に入っていないあなたは
視野を広げるためにこういうブランドもリサーチしてみると良いですよ。

 

ハイブランドの特徴

ハイブランドに共通していえるのは、
ライバルの数が圧倒的に多いということです。

これはキビシイですよねー。

商売なんで、ライバルが少ないに越したことはありません。

でも、ハイブランドは誰でも取り付きやすい分、
出品者も多くライバルが多い傾向にあります。

例えば、

Louis Vuitton出品数 ・・・ 41万6000 件

強烈な出品数です。。。

まぁ、その分お客さんも多いので
バンバン売れていますけどね。

 

マイナーブランド

ハイブランド、有名ブランドはライバルが多すぎる!!

ということで、あまり有名じゃないブランドはどうだ!?

そこで気になるのが、
マイナーブランドです。

例えばUnitude(アニチュード)ってブランドはご存知ですか?

絶対、99%の人が知らないですよ。

でもBUYMAの「最近売れたアイテム」を見てみると、

めっちゃ売れてる。

他にも、New Eraっていうブランドなんてどうでしょう↓↓

これもまた、よく売れていますねー。

マイナーとはいえ、BUYMAでは人気

ブランドをリサーチするとき、
「自分が知っているか?」
なんて一切関係ないということを頭に入れておいてください。

実は自分が知らないだけで、
BUYMAでは大人気、ということは多くあります。

世間で人気がどうだとかではなく、
あくまでBUYMA内で売れているかどうかが大切ということです。

マイナーブランドの特徴

有名ブランドに比べ、
マイナーブランドの方がライバルが少ない傾向にあります。

ライバルが少ない分、価格競争も起こりづらく
稼ぎやすいブランドが多くあります。

ライバルの数や価格だけが要素ではないにしろ、
やっぱりライバルも少ないほうが良いに決まってますよね。

これから伸びるマイナーブランドを発掘できたときの喜びは大きいですよ!

先行者利益をとって勝ち逃げパターン。
僕が得意とする稼ぎ方でもあります。

ぜひあなたもそんなブランドを見つけるよう
リサーチしてみてください。

 

ノーブランド

ハイブランドでもなく、マイナーブランドでもない。

もっとニッチなところが、
ノーブランドです。

BUYMA(バイマ)の商品一覧ページを見ていると、
下の画像のような商品も多く見られますね。

このように、ブランド名が書かれていない商品は
ノーブランド商品として出品されています。

商品詳細ページでは次のような表記です。

 

ノーブランド商品も人気で、たくさん売れている

BUYMAって、Gucciみたいなブランド品ばかり販売しているのかと思っていましたー

そう、そんな先入観をもっている人も多いんです。

しかしリサーチをしてわかるように、
ノーブランドの商品でも人気がありたくさん売れているんですね。

 

ノーブランド出品の注意点

ニッチでライバルも少なそうだし、
良いように聞こえるノーブランド商品ですが
いくつか注意点もあります。

初心者はノーブランド商品を出品できない

まず、初心者はノーブランド商品を出品できないようになっています。

出品しようとしてもBUYMA事務局から注意が入り、
出品ステータスが「出品中」になりません。

ある程度の実績があるパーソナルショッパーだけが出品をできます。

ブランド品と違い、リスクも高い

BUYMA(バイマ)からの注意として、
下記のようなこともあります。

ノーブランド商品は粗悪な品物も多く、
トラブルになるリスクもあるんです。

だからこそ出品に規制がされているんですね。

また、下記のようなことも。

万が一でもパロディ品や偽物を取り扱ってしまってはアウトです。

詐欺サイトも多く存在する中で、
初心者がトラブルに合うリスクも高いですからね。

 

まとめ

BUYMA(バイマ)でリサーチすべきブランドとして
ハイブランド、マイナーブランド、ノーブランドを見てきました。

どれを出せばいいという単純な話ではありませんが、
それぞれの特徴を知って戦略的に出品・リサーチをしていきたいですね。

また、気になるところがあれば下のコンタクトフォームから気軽にメッセージ下さい^^

    お名前

    メールアドレス

    メッセージ内容